2023-11-25(Sat)

これからのドル円相場

これからどうなるんだろう

「この円安はアメリカと日本の政策金利の差ですから日本が金利を上げればすぐに円高になります」
こんな事を言っている人がいるけどそんな単純なことかな

「税収をあげないで多くの還付しても全く問題ない」
これも令和新選組の山本太郎が言っている
現代貨幣理論をそのまま転用しているように聞こえる

ただ、もちろんこれを続けていくと海外に対して超円安になっていく

多分現在の円安の原因はもう少し複雑なんだと思う
少子高齢化もその一つかもしれないし
日本人が投資をしないこともその一つだと思う
金利が低いというよりも金利があげられるほどの経済成長がないというのがそもそもの原因だとおもう
いま金利を上げたら多くの住宅ローン破綻者が出て経済は大混乱すると思う

だから
よくTIKTOKなどで語っているにわか経済評論家の
「⭕⭕さえすれば円安は収まる」
「⭕年後には1ドル200円にすぐなります」
「⭕年後には1ドル100円にすぐ戻ります」

こういう単純な問題ではないと私は思っています
現在の円安も日本の経済低成長率も日本人40代未満の貯蓄の中央値が先進国で高順位なことも
色々な原因があるからです

敗者のゲームのチャールズ・エリスさんが言っているように
「未来を予測するほど時間の無駄になることはない」
これが正解です

つまり、どういう未来が来ても大丈夫な状態にすることが本質なんだと思う

1ドルが200円になるからドルを増やそう
1ドルが100円になるからいま株式は買わない

こういうことではなくて
十分なリスク分散されたアセットアロケーションが必要なんだと思う

若い人たちが
「自分たちはこれから少子高齢化で年金をもらえないので、払いたくない」
と言っているのをよく聞くけどGPIFが日本の年金資産を96兆円から200兆円にしたのを知らないからだ

振り返ってみなければならないのが
1,自分の全財産が100%日本円の銀行預金が本当に理想のポートフォリオなのか?
2,GPIFがどうやって90丁の年金資産を200兆円超にしたのか?
3,ドル資産を持つなら何が最適解なのか?

この3点です

その上で理想のアセットアロケーションは

日本円をどのように分散するか?日本株式、日本国債、日本銀行預金
ドル資産をどのように分散するか?ETF、ドル預金、投資信託
コモデティ資産をどう考えるか?不動産、金、仮想通貨

これらで決めていくべきではないか?

ドルが下がっても上がってもどちらでもいい
ドルコスト平均法を勉強したのはこのためです
過去の200年間の経済の歴史を見てずっと上昇してきたきたのは株式だけです
しかし、記憶に新しい
リーマンショックやコロナショックのように一気に30%も40%も下がったときもあった

だけど15年以上保有していれば必ずどの時代も相場を回復してきた

個人的には円安はもう少し進むと思っいるけど
別にそうならなくてもいいアセットアロケーションを自分で作ってみよう

今日言いたかったことは
「これからもう少し円安になると思う。でもそうならなくても資産を日本円のみ似することは大変危険。早く日本円相場から逃げろ。」

最後まで見ていただいてありがとうございます

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

lastarhouseblog

Author:lastarhouseblog
大切な不動産取引のご相談はラスターハウスにおまかせください。
大田区 品川区 不動産 仲介 センチュリー21 ラスターハウスは、JR大森駅にある不動産屋さんです。
明るく、元気に地域の活性化に貢献できるよう、日夜、努力しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR